墓場の漫画Digger

2010年06月20日

第9回「仏教的に悪を成敗!痛快なまぐさ坊主漫画」

悪を成敗するという定番の物語

相も変わらずこの世には悪がはびこっています。
しかし僕は正義のヒーローでも暴れん坊将軍や水戸黄門でもなく、ただの凡人です。
凡人が悪を成敗したくてもできないこの不条理。
でもそんな悪をほっとけない我々凡人の為に「悪を成敗する正義の味方」という物語のパターンが昔から存在します。変わりにこれで正義のストレスを発散すればいいのです。


最近自分が一番驚いた正義の味方といえば、先日ロフイトプラスワンのイベントに照英ウォッチャーとして出演したのですが、そこでバッドガイ☆ナベさんに教えてもらった時代劇『破れ奉行』です。





YouTube - Yabure-bugyo #10



萬屋錦之介が演じる正義の奉行が、銛を片手に鯨船で悪人の屋敷に突撃し成敗するという怪作です。
まさかの海から奉行が!
仕事人の如く障子に映るシルエットが鯨船、というのも破格のスケールです。

破れ奉行は未だにソフト化されていないのが何とも残念です。




正義&性技!痛快坊主漫画

0620_01.jpg
愚れ坊主説法 いただき了然
牛次郎/高橋わたる
1989年8月発売 全3巻



そこで今回自分が紹介するのはこの漫画。
この『愚れ坊主』というありがたいのかありがたくないのかよくわからないサブタイトル。そう、今作は文字通り愚れた坊主が説法で悪を成敗していく漫画なのである!




カルト宗教は許さぬ!和尚のSEX&THEガチ説教!

タイトルの通り物語の主人公は和尚・了然。
冒頭でいきなり自分の寺「道楽寺」が焼失してしまい、仲間の坊主達は途方に暮れるが…




0620_02.jpg
了然和尚は滝で勃起中!





0620_03.jpg
そして大体こういう事になる。



草食系の女々しい男子が尊ばれる今の時代からは考えられない、まさに肉食系和尚である。だいたいよく考えたら滝に打たれながらギンギンに勃起って雑念とかそういうの的にダメなんじゃないのとか、そんな我々小者のツッコむ余地など与えない説得力がある!画的に。




そしてその直後、了然の前に現れたのは「入信すればどんな難病も治る」という触れ込みで信者400万人を誇るカルト宗教『日輪会』の教祖。
金の為に道楽寺を宗教法人ごと買い受けようと企む教祖に了然和尚は…




0620_04.jpg





0620_05.jpg
とにかく説教!



圧巻はこの実に4ページに渡る説教シーン。
さっき滝で勃起していた愚れ坊主っぷりからは想像もつかない本気の大説教である。まさにタイトル通りの愚れ坊主説法。
しかし何と言っても、とにかく顔が怖い。

「和尚さんには怒られたくない」という、多くの日本人が抱える真理に深く切り込んで来る展開である。そう、日本人なら誰だって和尚さんに怒られると悪いことをした気持ちになる。「オッサンに怒られた」と「和尚さんに怒られた」では180度話の意味合いが変わるから不思議である。




0620_06.jpg
そして話の分からない連中には肉弾系和尚。小坊主4人を一瞬で。





思いっきりやりたい!霊界無宿!

了然和尚の力づくのガチ説教で400万人のカルト宗教を改心させて逆に取り込み、道楽寺を教義とした新たな宗教団体として提携させる事に成功する。ハリウッド映画級のすさまじい交渉能力である。

だが了然和尚だけはその拝金主義に無常を感じ、経文を唱えながらたった一人で旅に出てしまい、第一話が終わる。




0620_07.jpg
怒りに燃える了然和尚。相変わらず怖い。



そして和尚が最初に辿り着いた場所は…




0620_08.jpg
ソープランドだった。





0620_09.jpg
仏ギャグも炸裂!





0620_10.jpg
僧衣を脱がれるともはやエロいハゲにしか見えない。





自殺サラリーマンを救え!坊主の秘技

ついつい不謹慎な和尚のエロいシーンばかりに目が行ってしまいますが、基本的に本作は了然和尚が旅をしながら仏の道に沿って世の間違いを正していく作品です。

第六話では了然和尚は悪徳会社・セフティ商事で贈賄の罪を被せられ自殺に追い込まれたサラリーマンの妻に遭遇。あまりのやるせなさに尼僧になってしまった彼女に、もちろん了然和尚は怒りに震えます。

しかし戦う相手は一流企業の社長。何とかしたいが向こうのバックに政治家もついています。勿論裏工作によって向こうに不利な証拠は何一つ残されていません。
一介の坊主には文字通り社会的にも法律的にも手の出しようがない事件ですが、やはり愚れ坊主・了然和尚は違います。




0620_11.jpg
なんと坊主軍団を率いて社長室に突撃する和尚!



そして…!




0620_12.jpg
仏の慧眼は見逃さなかった!



相手が仏じゃもはやどうしようもない。
またも大説教シーンの幕開けである。




そしてまたも濃厚な愚れ説法が始まります。

しかし相手は前回と違って信心する心はそもそもありません。
いくら怖い顔で怒っても言葉では相手の罪相応の罰を与えることが出来ないのです。
そこで了然和尚の恐怖の坊主技が炸裂します!




0620_13.jpg
呼ぶ??





0620_14.jpg
想像を絶する恐怖の集団念仏!実際に想像するだけで怖い!!



まさに街宣念仏とでも呼ぶべきヤクザ的発想である。
さすが愚れ坊主!




まさに超次元 仏の慧眼

0620_15.jpg



世の中には理不尽な事ってたくさんあると思うんですよ。
どう考えても向こうが悪いけど特にキレる理由が見つからない時とか。
そういう時は言ってやればいいんです。
『俺はごまかせても仏の慧眼はごまかせねえぞ!!』って。



posted by 服部昇大 at 11:00| Comment(0) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。