墓場の漫画Digger

2013年01月13日

第14回「『冷え性男子攻略法』 杉しっぽ 小学館(2009年 全1巻)」

復活!墓場の漫画digger

ここにすこし前にネットを騒がせた怪画像があります。




0113_07.jpg



そう、一時期ネットを「やばい少女漫画がある」「こんなの実在するのか?」と騒がせた芋けんぴの少女漫画です。

でも変態漫画の駆け込み寺、墓場の漫画diggerを自称する自分にはすぐにわかりました。
「ああこれは杉しっぽ先生の作品だな」と。


とかく近年、ネット界隈では少女漫画はなにかと馬鹿にされがちです。
目が大きすぎ、ノリが軽すぎ、ヒロインがビッチすぎ、頭が悪すぎ、話がワンパターンすぎ等、一部の作品を除いてリベラルでシニカルな漫画読み達からは散々な評価です。もう食べログです。
最近の少女漫画はやばい系のNAVERまとめとか、目も当てられません。
そもそも本当に読んでいるんでしょうか。



確かに少女漫画というのは基本はワンパターンです。簡単にいうと基本の軸は「なんだかんだあって男と女がうまくいく」これに尽きるのです。

しかも「うまくいく」というのは(ほとんどの作品においては)結末部分に当たるので、ということは少女漫画とは「なんだかんだ」なのです。しかしその少女漫画家達の作る「なんだかんだ」に少女達の夢がみっちり詰まっているのです。
その物語がワンパターンな故の「なんだかんだ」の部分に自分のカラーを打ち出していく部分が勝負であって、特に新人の読み切りや短期連載などは「なんだか物凄い打ち出し方」をしてる作品も多く、自分は21世紀の究極のギャグ漫画はもしかして少女漫画から生まれるのではないかという予感すらしています。




イケメンだって冷えるものは冷える!冷え性漫画の金字塔

0113_01.jpg
冷え性男子攻略法
杉しっぽ
2009年9月30日発売 全一巻



というわけで紹介するのは杉しっぽ先生の短期連載作品「冷え性男子攻略法」。
これは非常に名作です。男子が冷え性。



主人公の女子高生・梓とオレ様系男子の本庄佐規。

スタンダードなオレ様男子&巻き込まれヒロイン系のストーリーですがこの漫画、何が凄いって設定が凄い。

佐規は教室内でもコートとマフラー着用の冷え性男子。
そしてヒロインの梓は平熱38.3度(夏場は41度)の高温体質女子なのです。




0113_09.jpg
お前の方がよっぽど異常事態。



まさに許されざる体温格差、温度界のロミオとジュリエット。

平熱41度とかどう考えたって死ぬ気がしてなりません。
しかも熱いと体温上がるとかもうヘビとかトカゲのレベルです。
もしかしてヒロインは変温動物に独自進化を遂げているのかもしれません。




0113_02.jpg
熱さを利用して突然の俺様専用カイロ扱い。冷え性対策。



とにかく佐規のオレ様っぷりに振り回される梓。
オレ様用カイロとして四六時中ベタベタされ、最初は嫌がりますがたまに見せる優しさにはやはりジュンと来てしまい、梓もだんだん意識していきますがやはりそこには二人の間に大きな壁、『温度』が立ちはだかります。
特に梓の暑がりっぷりは「防災頭巾を被っただけで暑さでフラフラ」「浴衣を着ただけで暑さでフラフラ」など、常軌を逸しています。




0113_08.jpg
ちなみにこの後キスされる。



物語はバカップル物とでも呼ぶべきなんだかんだで毎回イチャイチャするシンプルな流れですが、なにぶん設定が常軌を逸しているのと作品から滲み出る作者のファニーな感覚が見事な化学反応を起しています。




0113_03.jpg
あたしのこと、カイロとしてしか見てなかったの…!?





0113_04.jpg
北海道に住みたい梓と沖縄に住みたい佐規。二人の間には亀裂が…!
よく考えたらすごくどうでもいい。



一話目で付き合うことになりますが、第二話で沖縄VS北海道という将来のビジョンで対立してしまいます。ちなみにすったもんだの挙句オチはもちろん「じゃあ真ん中とって東京にしよう!」です。お前ら最初からもうちょっとちゃんと話し合え!
ちなみに三話目は初デートなんだけどアイスを食べ過ぎてお腹が痛いのを我慢する話。小学生か!




0113_05.jpg
ついに佐規が決断。老人か!



そして最終話でとうとう佐規が「俺様に弱点があるのはよくない」「俺は必ず冷え性を克服して見せる!」とワンピースばりに宣言し、漢方を飲み始めます。漢方…。

しかし冷え性が治ってしまったら以前のようにベタベタしてくれないんじゃないかと不安なヒロインは、佐規が新陳代謝を上げる為のロードワークに行ってる間に大事な漢方を飲み干してしまいます。(かなり苦い)10代女子の読む少女漫画にここまで冷え性、漢方、新陳代謝にスポットを当てるのも若干異常な気はしますが、ヒロインの行動はまさに一途な乙女ではあります。

ちなみに演出も上手く、ストーリーも基本線がしっかりしてるので結構楽しめ、オススメです。




0113_06.jpg
もう明らかに上手い事言いに来てる。





墓場のdigger、再開!

というわけで墓場の漫画digger、月1程度で再開しようと思ってますので今後ともよろしくお願いします!
ちなみにこの原稿は以前新田五郎さんの「ぶっとびマンガ大作戦」に寄稿したものです。
そちらもヤバい漫画の紹介だらけですので是非。




 



posted by 服部昇大 at 13:17| Comment(1) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
すいません、かなり前のことですが、ツイッターのDMを見落としていました!!(ですよね?)それなのに同人誌の宣伝までしてもらってすいません!! 本当にすいません!! これからも仲良くしてください!! どうしてこんなことが起こったんだろう? 本当にすみません!!
Posted by 新田五郎 at 2013年02月12日 17:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。