墓場の漫画Digger

2013年10月05日

第23回「漫画史に残らない!夢の大発明マンガベスト10」

俺達の夢を叶える、それが漫画

オッス!オラ、服部昇大!

男の夢・・・それってやっぱり「発明」だよな!

今日はそんな、世の中に埋もれつつあるマイナー漫画から漫画史には決して残らなそうな「夢の発明シーン」をベストテン方式で紹介していくぜ。




…早速、第10位から!











第10位『形状記憶合金でできたパンティー』









1005_01.jpg

金属で?パンティーを??





1005_02.jpg

その名もワレメパンティー。
これほど説得力という物が存在しないネーミングも珍しい。






1005_23.jpg

作品はもちろん、この連載第1回でも紹介した「ぼくのブラジャーアイランド」
海で小船に乗ってエロ本を読んできた主人公が竜巻でブラジャーアイランドに飛ばされ、そこでパンティーへの熱い情熱を見出され次々とパンティーを発明していくという熱い発明ドラマ漫画です。














第9位『P波とS波でおっぱいの大きさを計測する機器』








1005_03.jpg

その名もオッパイチェッカー。呼び名がポップです。





1005_04.jpg

昔のラジコンのコントローラーではありません。
この大発明でクラスの女子のおっぱいの大きさも一網打尽です。





1005_24.jpg

すいません、拙作『かおすキッチン』です。
我ながら何でこんな物を描いたのか全く記憶にありません。
ちなみにキャラクターは森山悶太といってスケベな事があるとだいたい走ってやってくる、ストーリーとは全く関係のないキャラクターです。
しかしこのいい加減な形状、「メカ」というジャンルにいかに自分の情熱がおぼろげかがビンビン伝わってきますね。













第8位『町中のパンティーをとにかくめくり放題な腕時計』










1005_05.jpg

主人公(服にSYSTEMって書いてある人)のおじいさんが残した腕時計、それが超能力が使える世紀の発明品だったのだ!
めくり放題!夢みたい!…しかしこのシーンは主人公がすでにその能力で有名人になった後なのでこの女子達も逆らえないという、なかなか裏に複雑な思惑の絡んだ狡猾なSYSTEMなのだ。






1005_06.jpg

現代ではテロリズムと取られてもやむなきこの状況を「しっ、しらな〜〜〜いっ」で済ませられる主人公。憧れます。







1005_25.jpg

作品は中西やすひろ先生の短編集『ウォッチシュワッチ愛して恋!!』
中西やすひろ先生のもう一つの発明漫画といえばイクラを食べて透明人間になってとにかくエロい事が巻き起こる事で有名な『OH!透明人間』もありますね。個人的には大人になってそれなりの地位もあるのに透明になって社内の部下にエロい事をする『OH!透明人間21』の方がシャレにならなくて好みです。














第7位『悪魔の電波に操られている殺人自転車』






1005_07.jpg

ブレーキングが効かない!?あと女の子の乗り方すげえ!





1005_08.jpg

ちなみにこの自転車、もう100キロを超えているらしいです。






1005_26.jpg

こちらはコンピューター発明漫画「スーパー巨人」。
スーパー巨人という超ヤバいスーパーコンピューターが主人公の命を常に狙ってくるハイパーサイエンス漫画です。
このシーン、スーパー巨人が新幹線を正面衝突させて大事故を巻き起こそうとした後に、この殺人自転車で主人公を殺そうとするというなかなかのスケールダウン率です。












第6位『とにかく壁から大量のイモムシが出てくる悪魔の電波』








1005_21.jpg

主人公の隠れ家の洞穴の出口は塞がれ、とにかく壁から大量のイモムシが!嫌すぎる!!




1005_22.jpg

おそろしい量になってきたけどなんか結構平気そう。







1005_26.jpg

もちろん再びスーパー巨人です。
スーパー巨人はスーパーコンピューターなのになんでこんなリアル嫌な事路線で攻めてくるんでしょうか。












第5位『謎の構造で太もものぜい肉を取る発明』







1005_09.jpg

これほど直球の構造でエロさが皆無なのがおそろしい。
何故か紳士的な空気も謎を深めます。
漫画界における筆舌に尽くしがたいシーン。







1005_27.jpg

ハレンチギャグ漫画の旗手、山本優子先生の伝説の作品。
このシーンを紹介したいと10年ぐらい思っていたのですがあまりの意味の解らなさに封印してきました。
10年たった今「そうか!これは発明なんだ!」とようやく切り口を発見できてよかったです。
少女漫画ギャグはこういう時代があったという事実としてこのシーンを皆さんも胸に刻みつけて頂きたい。














第4位『痴漢で満杯の痴漢電車を一網打尽にする発明』










1005_10.jpg

主人行はおとり捜査を担当する婦警。
しかし乗った車両はなんと、全員が痴漢だった…!!
痴漢達の「飛んで火にいる夏の虫とはこのことだな」ってクールな台詞、言ってみたい。







1005_11.jpg

なんと、女体をブラックライトで…!!
愛撫痕(あいぶこん)がこんなにもクッキリと・・・!!







1005_28.jpg

作品はもちろん以前にも紹介したナツミチハル先生の「胸きゅん刑事★デカぱい!」
犯罪を感じると主人公の乳首が異様に敏感になるという、夢に溢れた漫画です。
このあと主人公はこの集団痴漢の弟に捕まって股間に電マを当てられる映像をネットで生配信されてしまうという、エロ版アルカイダみたいな目に遭います。






…そして、いよいよトップ3!!

















第3位『オムツ同士を連結させて女の子の夢に入っていける発明』









1005_12.jpg

ぼくは入っていけるのさ…フフフ。
もう自分で説明しててわけがわかりません。





1005_29.jpg

ロリコンといえばあんどろトリオ。おむつといえばあんどろトリオ。おもらしといえばあんどろトリオ。
フォロワーの女子が「あんどろトリオのせいでおむつがトラウマになった」と言っていた、そんなトラウマコミックスです。







そして、第2位は…!!














第2位『人目を気にせずシコれるよう時空のはざまに行ける装置』









1005_13.jpg

おいおい、こんな無防備な所でシコってんのか…!?








1005_14.jpg

すごくキテレツ大百科の亜流みたいな発明。
その名も「スーパー個室弁慶」。







1005_15.jpg

発明したのは江戸の大童貞、ドゲレツ斎さまだった!





1005_30.jpg

作品はルノアール兄弟先生の「ルノアール兄弟の愛した大童貞」。
発明王ドゲレツ斎の子孫、土下さんを主人公とした爽快な童貞ビルドゥングスロマン大作だ。











そして、今回第1位に輝いた夢の発明品は・・・・・・・・・・・
































第1位『拳銃』









1005_31.jpg

「発明品の1位が拳銃?ハァ!?」って感じで置いてけぼりの皆さん、それもそうでしょう。
しかし、この小池一夫先生の「長男の時代」はそれを可能にしてしまうのです。

早速、見てみましょう!












1005_16.jpg

女子高生からとある復讐の依頼を受けた殺し屋の主人公は、アシのつかない拳銃を入手するために何と自分で製造を始めます。





1005_17.jpg

「さぁ、みんなも作ってみよう!」と言わんばかりの精密な拳銃の図面。





1005_18.jpg

だんだん主人公達が挿絵みたいな扱いになってきます。





1005_19.jpg

最後は穴埋めクイズみたいに!
ここがマジでギリギリのラインなのでしょう。
あと今更ですけどこの女子高生、オカマです。






1005_20.jpg

できちゃった!












さぁ!みんなも拳銃、作ってみようぜ!!

1005_20.jpg




posted by 服部昇大 at 12:41| Comment(0) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。