墓場の漫画Digger

2013年12月05日

第24回「硬派!男!ふんどし…そんな夢の寺子屋漫画!」

男達の寺子屋…それが寺子屋塾!

寺子屋……みなさんは行った事、ありますか?


もちろん、ないですよね。
だって江戸時代ですもんね。





そんな寺子屋童貞の私達に寺子屋気分を味あわせてくれる漫画、それがこの櫻井しゅしゅしゅ先生の『硬派!寺子屋塾』なのです!



1204_01.jpg
硬派!寺子屋塾
櫻井しゅしゅしゅ
2009年8月13日発売 続刊不明





男を学べ!男の寺子屋塾!

ある日祖父を亡くした主人公、神薙羅威(かんなぎらい)は祖父の生前の言いつけどおりとある寺子屋を訪れます。
そこは…






1204_02.jpg



ここが大東京寺子屋塾!「大東京」と「寺子屋」というフレーズのギャップがすごい。あとバックが地球。


そう…この塾長、是道徹章(これどうてっしょう)の説明によるとここは毎年何千何万と男が押し寄せ、数々の難関を突破した者だけが入塾を許され、卒業生は100%世界のトップとして活躍するという…すさまじい寺子屋だったのだ!

この、男らしい設定…!

というかタイトルに『硬派』ってフレーズが入ってる時点で僕みたいなタイプの人間は「…ん?硬派?硬派銀次郎かな?」と本宮ひろし先生を連想しまいますし、「〇〇塾」というフレーズはまさに宮下あきら先生の「魁!男塾」です。卒業生が全員エリートというのもまさに男塾。それに「寺子屋塾」の部分の文字数は暴力的に解釈すれば同じく宮下あきら先生の「激!極虎一家」にも似てなくもないです。
このどこを切っても男解釈に溢れる作品、つまり我々の大好物ないわゆる男塾直系「漢」漫画なのです!




何をするのもふんどし!それが寺子屋塾

主人公、羅威はクラス委員の謎の多い男・大宮寺と相部屋になり、共同生活が始まります。





1204_03.jpg



謎は多いが服装はふんどし。



主人公は早速ゴリゴリのふんどし姿の大宮寺に促され、ふんどし姿で住宅街を走るという校外マラソンに参加させられそうになります。このパワフルな展開もあの男塾序盤の「男塾名物直進行軍」を思い出させる、まさに男展開です。









1204_04.jpg



大宮寺の挑発に乗り、ついに腹をくくった主人公。ケツに力を入れて走り出します。









1204_13.jpg



だんだん楽しくなってきちゃった…!








1204_05.jpg



大宮寺の小休憩。涼しい顔しやがって…!








1204_06.jpg



そこへすごいシンプルな方法で羅威のふんどしを奪おうとする奴が…!









1204_07.jpg



犯人の忍者。服が半分脱げているシーンというではなく彼は常にこういう半脱ぎ状態なのです。
服を着ているのにチンポが見えそうという、新時代の忍者なのです。





そして主人公のふんどしが盗まれ全裸になってしまいますが大宮寺が自分のふんどしを貸してくれたおかげで窮地を脱出。

しかし大宮寺はそのせいで公然わいせつ罪で警察に逮捕されてしまいます。
大量のふんどし姿の男性が住宅街を走るのはOKだけど全裸になったら即逮捕という社会システムはよくわかりませんが、とにかく主人公は落ち込みます。でも大宮寺が警察にちゃんと話したら誤解が解けて無事釈放。何が誤解で何が誤解じゃなかったのかはまったくわかりませんが、主人公と大宮寺の絆は深まります。










1204_08.jpg



作品の後半ではまたも半裸の忍者の罠にはまって雨の山中で遭難してしまう羅威と大宮寺。
生命のピンチですが、ようやく一軒の山小屋を発見します。






足を負傷し瀕死の主人公に「このままでは危険だ。俺が人肌で温めてやろう!裸になれ!」と大宮寺は速攻で全裸になりますが主人公は拒否します。





1204_09.jpg



しかし最終的には大宮寺の真剣さを知り、受け入れる主人公。
「一瞬おまえが誘い攻めのリアルゲイに見えたなんて俺は大バカヤロウだぜ」はもう少し早ければ今年の流行語大賞にノミネートされていてもおかしくないレベルの名台詞ではないでしょうか。








1204_10.jpg



そして一巻の最終話。「異性の目を気にせず泳ぎに専念できる男専用ビーチ」という怪しい場所で海水浴を楽しんでいた二人の前に突然、巨大な帆船に乗って海外の学校のなんかすげービジュアルの奴が現れる!




神薙はさらわれてしまい、神薙を助けようと大宮寺が戦いを決意するシーンで一巻は終わります。
続きがリアルにすげー気になるところで終わり、しかも続巻は出てないようなので是非二巻の発売を待ちたいところです。



ちなみにラストのいきなり海外の似たような学校が攻めて来るっていうビッグスケールな展開も「激!極虎一家」の網走極東少年院アメリカ寮の奴らが殴り込んでくるシーンを思い出させる、まさに男漫画の展開ですよね。




1204_11.jpg



ちなみに櫻井しゅしゅしゅ先生の作品を調べたら「大きなバイブの舎の下で」という凄まじく自分好みな漫画が見つかりなかなかの衝撃を受けたので、是非次回は調査したいと思います。




1204_12.jpg



「大きなバイブの舎の下で」内容紹介(Amazonより)

“バイブに燃え、バイブに命を賭ける、企業戦士は勃起全開!!

ここは大人のオモチャの総合商社・宝裸コーポレーション。
仮採用の藤島晴海は、颯爽と活躍するエリート・岡崎竜也に出会い、
自分も一流のビジネスマンになろうと希望に燃える。
だが本採用の条件は、宝裸の全商品2,000余種のバイブを覚えること。
体で覚えるしかないと覚悟を決めた藤島は、岡崎と…!?
あの櫻井しゅしゅしゅ、伝説の珍シリーズが一冊に!!”




NO RESET CLUB
櫻井しゅしゅしゅ (shu3_sakurai)さんはTwitterを使っています

 



posted by 服部昇大 at 11:00| Comment(0) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。